LIFESTYLE

ときには肩の力を抜いて。
ゆるやかな時間を過ごす。
美しさのリズムを刻む、あなたのコラム。

心と身体を整える

身体も思考もすっきり整う
美しい歩き方のススメ。

自分の歩き方を意識して

街で歩き方のきれいな女性に出会ったことはありませんか。背筋をスッと伸ばしてさっそうと足早に歩く姿は美しいばかりでなく、内面の豊かさや自信すら感じさせるもの。私たちもそんな歩き方をしていきたいですね。
また、足早に、大きめの歩幅で歩くことは、代謝を上げるのにも効果的。代謝が上がれば、肌や髪が美しくすこやかになる、冷えにくく、疲れにくく、太りにくくなる*1など、美容と健康にうれしいことがたくさんあります。この機会に歩き方をより美しく磨いて、身体もすこやかに整えていきませんか。

美しさの秘訣は「姿勢」「歩幅」「速さ」

内面の豊かさや自信を感じさせる美しい歩き方、そのカギとなるポイントのひとつが姿勢。特に女性の場合は、背筋を伸ばそうとするあまりに腰を反りすぎてしまうことが多いといわれます。気になるときは壁に頭、両肩、お尻、両かかとが接するように立ってみてください。このときに腰と壁の間が手のひら一枚分のすき間になるのが理想的な立ち姿*2です。その状態で歩き出しましょう。 そして歩くときは「歩幅」と「速さ」に気をつけて。できるだけ腰から動かすイメージで歩幅を少し大きくし、自分でもキツイなと感じるくらいの速さで歩くと効率よく代謝が高められ*3、見た目にも凜として魅力的に映ります。

以下の、もっとも効率よく代謝を上げる歩き方の目安も参考にしてみてください。
■効率よく代謝を上げる歩き方の目安
歩幅/身長の約半分(身長160cmの人なら約80cm)
速さ/1分間に90~110m(時速5.4~6.6km)

歩き方を磨くだけで思考もすっきりと

ここまで、美しく代謝も上がる歩き方を紹介してきましたが、「歩く」といった有酸素運動は脳を活性化する働きもあるといわれています*3。普段なにげなく歩いている、その一歩を意識するだけで実にさまざまな効果が期待できそうですね。これからは家でも外でも美しく歩いて、こころも身体もすっきりとした日々を過ごしていきましょう。

出典

*1 永田孝行『ダイエット ベーシック ブック』(2017)評言社
*2 『家ですぐできる!壁を使った簡単な姿勢チェック方法』(2017年7月24日)
      (http://www.fitnessjunkie.jp/archives/717)
*3 中野ジェームズ修一『フィジカルトレーナーが教える正しいウォーキングの始め方』(2017)大和書房

Close

Page Top