LIFESTYLE

ときには肩の力を抜いて。
ゆるやかな時間を過ごす。
美しさのリズムを刻む、あなたのコラム。

暮らしを楽しむ

自分サイクルを決めて。
家と心のデトックス。

家のデトックスは心のデトックス

いつの間にか着なくなったブラウスやスカート、もらいものの器やグラス、増え続ける雑誌や本…。放っておくと室内の雰囲気が乱れて居心地が悪くなるばかりか、自分の好きなモノやコトまでぼやけてしまいがちです。3ヵ月に一度、または半年に一度など自分なりのサイクルを決めて定期的な家と心のデトックスをしていきましょう。

選択のキーワードは「今の自分に必要か」

家のデトックスをする際、基本となるのは要る物と要らない物の選択。こんなとき、「まだ使えるから」「これは高かったから」といった理由で、モノを捨てられなかった経験はありませんか。誰でも陥りがちなポイントですが、それはモノを中心に見てしまっているせい。洋服でも食器やインテリアでも選別するときには、「これは今のわたしにふさわしいか」「今のわたしに必要か」と、自分の心に問いかけながら選り分けてみてください*1

選び抜いた好きなモノが、新しい自分を教えてくれることも

モノを捨てるだけが選択ではありません。ずっと持ち続けるという選択肢だってあるはず。ただ、曖昧にしないではっきり選び取っていくこと。そうして本当に必要だと思ったモノたちに囲まれることで、自分の好きなコト、美しいと思えるモノがあらためて浮かび上がってきます。またときには、その中から「あ、わたしはこういうインテリアが好きだったんだ」とか「今のわたしはこれに興味があるのね」と、自分では意識していなかった一面に出会えることも*2。定期的なデトックスは心の整理、そして新しい明日へのきっかけにもなりそうです。

出典

*1 やましたひでこ『新・片づけ術 断捨離』(2009年)マガジンハウス
*2 近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』(2011年)サンマーク出版

Close

Page Top